今年あたりから、日本人の大学入学者数が減少に転じると言われています。つまり、あと数年もすると労働市場に供給される日本人の大学卒業者も減少に転じることになります。そういった背景もあるのか、最近、海外の大学や日本の大学を卒業した外国人を正社員として雇用したいというご相談がとても多くなってきました。

 

 ただ、ご相談の内容が「何学部の学生なら採用できるのか?」とか、「こういった業務で採用したいが、何学部なら大丈夫か?」という質問にちょっと困ることもあります。

 

 いつもお付き合いしている会社さんでしたら、会社の業務内容もよくわかっていますので、そういった質問でもある程度的確にお話できるのですが、電話ではじめてのお問合せですと、お問合せいただいた会社さんのことがよくわからないので、ごく一般的で多少厳しい条件でお話せざるをえないことがほとんどです。

 

 大学卒業の場合、会社で外国人が行う業務と大学での専攻がある程度一致していれば、採用ができることが多いのですが、それでも「絶対大丈夫」ということはありえません。

 

 大卒の外国人採用でも、やはり「専攻と業務内容」のマッチングがとても重要だと思っていたほうがいいかと思います。また、入国管理局に提出する「採用理由書」の中で、「なぜこの外国人を採用することが必要なのか」について、詳細に説明することも有効です。

 

 日本人の採用と同じように、どのような外国人人材が必要なのか、事前によく検討することで、在留資格の取得もうまくいくのではないかと思います。

 

関連する記事
コメント
コメントする