コンビニやファストフードの店舗で働く外国人の姿を見かけるのは、もうあたりまえの景色になっています。こういった店舗で働いているのは、その多くが専門学校や大学で学んでいる留学生です。
 留学生は、学業の妨げにならない範囲であれば、入国管理局から「資格外活動許可」を受けることで、一週間に28時間(学校の長期休暇などに限り、期間中に一日8時間)まで働くことが可能です。アルバイトの職種は幅が広く、飲食店や居酒屋、コンビニなど様々なアルバイトをすることができますが、風俗営業等に関するアルバイトをすることはできません。性風俗店は当然ですが、いわゆるキャバクラやスナック、キャバレーといった「接待等飲食店営業」はもちろん、麻雀店やパチンコ店、ゲームセンター等といった「風営法で規制されている業種」で働くこともできませんし、これらの店舗などでは皿洗いや清掃といった業務であってもすることはできません。
 留学生アルバイトの採用にあたっては、在留カードの有効期限などを確認することも大切ですが、「資格外活動許可」を受けているかという点の確認が重要です。
 また、採用した留学生のアルバイト時間については、「一週間28時間以内の原則」を守らなくてはなりません。
 たまに一か所では一週間で28時間以内なのに、ダブルワークやトリプルワークをして、実際は一週間に56時間とか働いていることがあります。発覚すれば、在留資格が取り消しとなって、勉学の途中で帰国せざるを得なくなることもありますし、就職時の在留資格変更申請の際に「所得が多すぎる」ことからダブルワークやトリプルワークが発覚して、変更申請が不許可となることもありえます。
 一週間で28時間のアルバイトでは、学費や家賃を支払いながら勉強するために必要な費用がまかないきれないというのも理解できない訳ではないのですが、卒業後も日本で働くことができるように、この点はしっかり守ってもらうようにしてほしいと思います。
 

コメント
コメントする